VYVO WATCH GENERATION 2 を使用開始しました

10月にVYVOより第二世代のVYVO WATCHが発表になりました。その名はVYVO WATCH GENERATION 2、通称 「LIFE WATCH」ライフウォッチ。

VYVO社CEOのファビオ・ガルディ氏は、VYVO WATCHは、いわゆるスマートウォッチではなく、LIFE WATCHという新しい言葉を新たに定義したと考えているのだと感じます。

製品発表のインタビュー動画で、CEOのファビオ・ガルディ氏は次のように説明しています。

Welcome to our generation 2 life watch. Don’t call it smart watch.This is a life watch. It is a technology design to listen the voice of your body, give you information in real time,protect you and loved one and collect your body function and keep you update on your health status all the time. And this is just the beginning of the digital Health sharing economy. And VYVO is at the Forefront of this incredible industry.

Vyvo LifeWatch generation 2 (JP) – Worldwide Launch

第2世代のライフウォッチへようこそ。 スマートウォッチとは呼ばないでください。これはライフウォッチです。 それはあなたの体の声を聞き、あなたにリアルタイムで情報を与え、あなたと愛する人を保護し、あなたの体の機能を収集し、あなたの健康状態を常に最新の状態に保つ技術設計です。 そして、これはデジタルヘルスシェアリングエコノミーの始まりにすぎません。そして、VYVOはこの信じられないほどの業界の最前線にいます。

私は、このメッセージから、ファビオ・ガルディ氏は、VYVOはスマートウォッを作っているのではなく、現代のテクノロジーを駆使し、健康維持・管理に必要な装置と情報共有技術を、新たな人類世代に向けて準備すべく、ゼロから構築している自負と志を感じます。

一つ前のモデルがVYVO WATCH LITE EDITION SE でした。6月の発表以降、私は入手しておらず、その評価ができていませんでしたが、今回の新製品発表にともない、VYVO社が大規模な販促プログラムを準備したことをきっかけに、私のVYVOビジネスパートナーの方と協同で、このプログラムを活用して、VYVO LIFE WATCH LITE EDITIONとVYVO LIFE WATCH 2 を購入することに成功しました。

WATCH2の特徴

上記の写真を比較して、まずは見た目に違いが判ります。
LITEとの違いは・・

  • リューズの位置が上部にオフセットした
  • リューズの下に医療機器レベルの光学検出センサが追加された
  • 時計盤面(画面)上下周辺に金属フレームが独立している
  • 時計裏側(皮膚に触れる側)には充電端子4つと各種センサのほか2つの金属性(チタン?)のハーフリングが埋め込まれている。GPSも?
  • ボディは樹脂製を採用している
  • 時計盤面の表示解像度が増えており表現能力が向上している様子

乗り換え手順について

LITE EDITION からの乗り換えで、WATCH2を使い始めましたので、その手順と、私がLIFE WATCH2の興味を持っていた機能について紹介してみます。
乗り換えの手順としては、以下の流れで簡単に行えました。

  1. 電源投入後にWATCH2本体の言語設定を変更 English ⇒ 日本語
  2. スマホのアプリ「VYVO SMART」から「デバイス」⇒「接続解除」
  3. 続けて「VYVO SMART」から「デバイス」⇒「+」ボタン⇒「スマートウォッチ」
  4. WATCH2をBluetoothで接続して新規にペアリング

初期設定について

早速、気がはやり、血圧測定をしてみましたが血圧測定が完了しませんでした・・・とりあえず測定してもだめなので初期設定です。

LIFE WATCHは光センサの信号変動から血圧変化や脈拍の変動を検出しますが、装着する方の身体で実際の血圧を測定しながら、キャリブレーション(較正)をしてから使用するべき製品です。

LITE EDITIONを使い始めたときに経験済みですので、アプリと接続を完了できてからすぐに較正処理をおこないました。
キャリブレーションはスマホアプリからデバイスの血圧測定を呼び出して行います。実行前に信頼できる血圧測定機器で実際の血圧を測定しておきます。
その測定結果をスマホアプリに登録し、血圧に影響のある薬を24時間以内に服用していない事を確認したうえで実行すると、ペアリング済みのWATCH2が血圧測定を開始します。リューズ下側にある小窓?に人差し指を添えるようにして、人差し指の指先の血行から血圧に関連する情報を収集するようです。

血圧測定キャリブレーション(校正)

SpO2測定

SpO2の測定についても、リューズ下の測定小窓から人差し指の血行を測定する事で可能です。ひとつ前のモデルのWATCH LITE SE では、人差し指を使った測定ではなく、腕の動脈流の血行から測定していましたが、新しいWATCH2では、医療レベルセンサを採用していることもあって、パルスオキシメーター同様に、皮下近くの血行を測定可能な人差し指を使って高精度で測定する事が可能になったのでしょう。測定値が少数第一位までの表示になっています。

SpO2測定 (1.9M)

SpO2の測定原理については、以下の情報が参考になります。

測定の原理ですが、酸素と結合した酸化ヘモグロビン(HbO2)は赤外光(波長940nm) をよく吸収し、酸素を失った還元ヘモグロビン(Hb)は赤色光(波長660nm)をよく吸収するという特性の違いを利用して、2つのヘモグロビンの比率を求めて酸素飽和度を測定しています。正常値は97%から100%です。呼吸不全の定義である動脈血酸素分圧60Torrは、パルスオキシメーターでのSpO2 90%に相当します。

https://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/copd/qa/08.html

ECG(心電図)測定について

WATCH2は心電図(Electrocardiogram=ECG)測定が可能です。
WATCH2の外観的な特徴であった、盤面上下の金属フレーム、裏面の上下の()型の電極デザインは、ECG測定を行うためのデザインだった訳ですね。

心電図といえば、寝っ転がって、心臓と手足首に12個の電極を配置して測定する検査ですが、WATCH2で測定するのは、上記の4つの電極を使っての測定でしょうから、医療レベルとは言えないでしょうが、心拍の状態を傾向観察できるレベルであれば、在宅で健康管理に活用するには十分です。
私は不整脈の持病を持っていましたので、脈が飛ぶ症状等が出るときの体調の変化は敏感に感じることができます。
「あ、今不整脈でてきたな・・・」と自覚した時にWATCH2でECGを測定しておくと、アプリの測定記録にメモをつけて、クラウド上の自分自身のアカウントに紐づけて保管しておくことが可能で、さらには、AIによる簡易的な診断を得ることができるようになる・・・という事でしょう。
近い将来、AI診断機能が有効になり、不整脈の種類が医師に相談すべき状態なのか、深刻な状態ではないのかを判断する材料を与えてくれるという事になるのであれば、心臓に持病を持っている方にとっては、健康状態を管理するための情報として1つの選択が増えることになると思います。

ECG測定
ECG測定結果確認

体脂率測定機能

WATCH2は4つの電極を持っているので、いわゆる健康体重計に乗ると測定できる、体脂肪率の測定についても、WATCH2単体で可能です。
こちらも絶対値として測定している、と考えるよりは、日常の健康管理として、クラウドに保管される、自分自身の健康傾向管理を行う指標として活用できるのが便利です。

今後について

WATCH2はAppleWatchとは違った進化の方向性を維持して、着実に世代進化を進めている、という状況だと感じました。
VYVOは「デジタルヘルスシェアリングエコノミー」のトップリーダーとして光を浴び始めました。
健康とデジタル、さらにはシェアリングエコノミーとさえ融合させ、VYVO利用者の健康管理とビッグデータを通じた人類の疫病に新しい闘いを挑み始めたといっても過言ではないと思います。
VYVO製のデバイスは、店頭販売を行わない、いわゆる口コミによる普及をベースとして、VYVO製品に将来性を感じるメンバーが世界に販売する代理人として、国境も国籍も何らの制約を受けずに販売する権利を得ることができるビジネスモデルです。
サラリーマンの副業が社会的に解禁になるのは、新コロナの影響もあって、加速するでしょう。
権利ビジネスに興味を持てる先見の目がある方はぜひメンバーになって、子や孫の世代の全人類の健康を応援する気持ちで、VYVOを普及させてみませんか?

興味を持って頂けた方は、こちらで、お気軽にご相談ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする